ゲーム

ゼンレスゾーンゼロの感想・レビュー!すごろくパートいる??

更新日:

ゼンレスゾーンゼロ(ゼンゼロ)をプレイした感想、レビューを書いてます。良い点は各メディアのPR記事やらYoutuberがたくさん発信しているので、悪い点を中心にご紹介。ゼンレスゾーンゼロを遊ぶか迷っている方は参考にしてください。

辛口レビューします

リード文にも書きましたが、この記事ではゼンレスゾーンゼロの悪い点をメインに紹介していきます。PR記事、動画投稿者などが散々紹介している「キャラデザ」や「演出」「UI」などは私も素晴らしいとは思いましたが、反面悪い点も目立つゲームだったためいくつかピックアップしてみました。

ゼンレスゾーンゼロ(公式)

悪い点をピックアップ

すごろくが虚無

すごろく

まずゼンレスゾーンゼロを語るうえで「すごろく」モードは外せないでしょう。升目状に配置されたテレビモニターに映ったマスコットキャラをタテヨコに移動させて目的地を目指すモードなのですが、これがビックリするぐらいつまらないです。

移動中の茶番みたいなパズルもストレス、突如始まる会話でテンポも悪い、視覚的にも大量のテレビモニターを眺めるだけで虚無。しかもこのすごろくモードをプレイさせられる頻度が非常に高いです。ミニゲーム的な要素として存在しているなら許容できますが、メインモードといっても過言ではないぐらいプレイの割合を占めます。

原神やスタレのフィールド移動が、この虚無すごろくに置き換わってると言ったら伝わりやすいかなと思います。もちろん、スマホでより遊びやすくするとか、そういったコンセプトの上でこの形式で実装されたんだろうなと想像はできますが、そもそも面白くないもの遊びたくないでしょうというのが率直な感想です。

主人公を操作したいわけではない

主人公

個人の好みによるところはあるかと思いますが、ゼンゼロはキャラクターデザインがめちゃくちゃ良いです。しかしゲームシステムの都合で、原神やスタレのように常に好きなキャラを操作することはできません。

街中の探索は主人公、戦闘モードのみ個性豊かなキャラを操作できます。また、上述の通り原神等のフィールド移動に該当する箇所は虚無すごろくになっているため、気に入ったキャラを操作できる時間はかなり限定的です。

アンビーの見た目が気に入って始めた私としては、「街中もアンビー操作したいんだよなあ」とか「テレビモニター眺めるためにゲーム起動したわけではないんだよなあ」みたいな感じで悲しい気持ちになりました。

遊ばされてる感のある戦闘システム

戦闘

スマホでも遊べることを前提に作られたゲームのため、ある程度ポチポチ感が出てしまうのは許容できますが、「このタイミングでこのボタンを押してね!」という誘導が多すぎます。一見親切に感じられ、暫く遊ぶと飽きられるシステムだと思いました。

もうちょっと攻撃の種類が多かったり、原神のように操作は簡単だけど元素反応(属性の組み合わせ)で工夫できる幅があるとか、そういった要素があればまた印象は違ったかもしれないです。

総評

手のひらサイズのホヨバゲー

今までのホヨバ作品の様々な要素を踏襲しつつ、『削れるところはとことん削る』を目標に作られた「手のひらサイズのホヨバゲー」だなという印象です。容量がでかすぎる以外はスマホユーザーからしたら良ゲーになっているのではないでしょうか。

今回、つまらない点ばかり挙げましたが、世界観やキャラなどのデザインは好きですし、キャラソンのリリース(もしかして限定キャラごとに用意するのでしょうか?)など、”気合”は伝わってくるので引き続き良い意味で注目していこうと思います。

▲エレンのキャラソンPV。名曲です。

ゼンゼロはこんな人におすすめ

  • キャラや世界観が好きな人
  • お手軽なアクションゲームを遊びたい人
  • 素材集めを楽しめる人

キャラや世界観が好き、且つ難易度が低いアクションゲームを遊びたい人には文句なしでおすすめです。また、今までのホヨバ作品や一般的なソシャゲにも良くある育成素材集めを、義務感なく遊べる人にも向いているでしょう。

-ゲーム

Copyright© 羊のゲーム日記 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.